多汗症の治療とその原因、精神的要因

多汗症の治療とその原因として挙げられるのが精神的要因です。

 

緊張する場面や不安になる場面になると汗が大量に出てきてしまうというのが特徴になります。

 

また、ストレスが原因となっている場合もこの精神的要因にあたります

 

多汗症が発汗恐怖症といわれることがあることからも精神的要因が大部分を占めていることが窺うことができます。

 

この精神的なものが要因となっている場合、厄介なのが大量に汗をかくことによって、余計に緊張してしまったり、汗をかくこと自体がストレスとなってしまったりしてさらに汗が止まらなくなってしまうということです。

 

この悪循環に非常に多くの人が悩まされていることだと思います。

 

精神的なものによって大量に汗をかくメカニズムはどのようになっているのかというと、緊張や不安、ストレスなどによって、交感神経が副交感神経よりも優位な状態になることで、汗腺が刺激を受けることによってたくさん汗をかくようになります。

 

よって交感神経が敏感な人ほど多汗症になりやすいということが言えます。
しかし、精神的な負担を受けると絶対に多汗症に結びつくということではないですし、多汗症でない人であっても緊張や不安などで汗は出てくるものです。

 

 

多少人より汗が多くても汗をかくこと自体を深刻に悩むことはありません

 

しかし、汗をかく量がすごくて、どうしても気になったり、生活に支障が出るという人であれば、医療機関での治療も検討してみてもよいかもしれません。


多汗症の治療とその原因、塗り薬は気軽にできる治療法

多汗症の治療とその原因で、手軽に出来る治療法として人気があり、多くの人が使用しているのが塗り薬です。

 

塗り薬による治療方法は非常にシンプルで、汗を抑えたい箇所に薬を塗るだけです。

 

通院する必要も無く、自分のすきなタイミングで塗ることが出来るので、継続することも簡単だと思います。

 

多汗症の治療で使用される塗り薬には塩化アルミニウムが含まれています。

 

その塩化アルミニウムが汗を排出している汗腺に蓋をする役割を果たすことによって汗を抑えることが出来るのです。

 

 

このようなメカニズムなので、効果は一時的なものであり、多汗症の根本的な治療とはなりませんが、一度塗り薬を使用すれば3日くらいはしっかりと効果を持続することが出来るので、この治療法でじゅうぶんに満足出来るという人も多いと思います。

 

多汗症で悩んでいて、どのような治療法を行っていけば良いかわからず何もしていなかったという人はとりあえず塗り薬を試してみるというのも非常におすすめだと思います。

 

 

塗り薬は病院だけでなく、美容サロンでも手に入れることが出来ます。

 

塗り薬は濃度が異なるものがあって、使用する身体の部分によって使い分ける必要があります。

 

この使い分けを誤って使用してしまうと、場合によっては湿疹やかゆみなどがでてしまう可能性もあるので、専門家に肌の状態をしっかりとチェックしてもらってから正しい使用方法をしっかりと確認してから使用する必要があります。

多汗症の治療とその原因、漢方で体質から改善

多汗症の治療とその原因で、多汗症のための対策法や治療法などがたくさんあります。

 

よって、これまで悩んでいたけども特に対策をしてこなかったという人も自分に合ったものを見つけることが出来るのではないかと思います。

 

一時的な対策として、塗り薬や制汗スプレーなどを使用している人もたくさんいると思いますが、やはり根本的に多汗症の体質から改善したいと思っている人もたくさんいるでしょう。

 

そういった人は漢方で体質の改善を目指してみるというのも一つの方法です。

 

多汗症の人は自律神経が乱れていて、交感神経が優位な状態が続くことによって汗腺が刺激を受けてたくさんの汗が出るようになっています。

 

そこで、自律神経の乱れを正す効果が期待できる女神散という漢方薬を飲むことによって、多汗症の改善につなげることができます

 

女神散の他にも、柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方薬で精神の安定の効果を期待するのもおすすめです。

 

特に人前でたくさん汗をかく際に周囲の目が気になったり、大量の汗によって生活に支障があることによって大きなストレスを受けているという人であれば、柴胡加竜骨牡蛎湯は非常に効果的であると言えるでしょう。

 

 

このように多汗症の改善につながる漢方薬はたくさんあるので、漢方で改善してみようと考えている人は、薬剤師や医師に相談してみることをおすすめします。

 

また、漢方薬は一般的に副作用はないといわれていますが、100%問題ないとは言えないので、しっかりと薬剤師や医師のアドバイスを受けて使用しましょう